小姐招へい/大事なこと

いきなりですけど、親族・知人訪問の際の大事なポイントを説明します。

言葉のとおり、親族・知人が招待するということです。

1.招へい理由

何故日本へ呼ぶのか?
・・・基本的には相手が来たいからでしょう。

何故日本に来たいのか?
・・・日本に行っていろいろ見てみたいんでしょう。

ま、だいたいその程度ですよ。

でも、一応日本で用事を作る必要があります。

 親戚・知人の結婚式
 パーティーへの出席
 学校の下見
 健康診断
 コンサート などなど

 どんな理由がいいんですか?と質問を受けますが
 ・・・何でもいいです。

 親族を呼ぶのにそんな大した理由は要りませんから。

 本人の名前が書いている招待状か予約票を用意して下さい。
 問題でも起こさない限り、入国後の行動をチェックされることはありません。

 意味は分かりますよね?
 ・・・用意さえできればいいんです、実際に行くかどうかは別として。

2.身元保証人

実際はどうか別として、日本は中国からの入国者が損害を誰に与えることを恐れています。
それゆえ、観光ビザにデポジットを求めています。

親族・知人訪問は、基本的に呼ぶ人が身元保証する形式を取るため、デポジットが不要なのです。

身元保証人になる条件は、「税金を払っていること」、それだけです。
税金を収めていれば全く問題ないです!

3.二人の関係

親族であれば、中国で証明書でも発行してしまえば終わりです。

知人の場合は、知人であることを証明する必要があります。
ただ、知人であることを証明すればいいだけです。

「本当に知人であり、知人の関係が継続されている」

ちなみに、恋人か否か?そんなことは聞かれません。

証明するために書類が必要です。

◆写真

二人でも集団でもいいですが、次の条件を満たす写真を用意します。

 □呼ぶ人と呼ばれる人が一緒に映っている
 □正面から撮影されている=顔がしっかり映っている
 □複数枚=2枚以上

 問い合わせで「写真がありません」とよく言われますが
 ・・・撮ってきて下さい!

 もし、写真を取らせてくれない美女なら
 ・・・そんな美女は呼ばなくていいです!

 写真がないと承認されませんから、ちゃんと撮ってきて下さい。

◆通信記録

もう一つ継続した関係を示す必要があります。
時間を空けた何回かのやりとりの証拠を出しましょう。

 □手紙 *いまどきないでしょう!
 □電話記録
 □メール
 □微信
 □LINE

 下記のコピー、写真、スクリーンショット印刷でOKです。
 誰とやりとりしてるか分かるようにして下さいね!

重要なポイントは上記3点です。

結局、写真さえあればあとはなんとでもなりますね!

 「写真がない!」という問い合わせが多いですが
 ・・・撮ってきて下さい!



では次回以降、親族・知人訪問の手順について説明していきましょう。


不定期につづく

「小姐招へい/大事なこと」への3件のフィードバック

  1. いつもお世話なってます。
    是非この続きが知りたいです。
    お忙しいとは思いますが、ご検討よろしくお願いします。
    それとも入国管理局に問合せすれば教えてもらえますか?

    0
      1. いつもながら早い返信感謝です。

        やはり美女エピソードは全て読まないといけませんね。

        0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>