上海スポット/スヌーカー – ビリヤード

中国で人気のある赤玉ビリヤード

BS1
基本的に中国はエイトボールが主流ですが、
「斯诺克Sinuoke、スヌーカー」
というイギリス系の国で人気がある競技で、中国でも近年人気が高まっているそうです。2人でするエイトボール、ナインボールに対して多人数で楽しめるようになってます。
*ちなみに日本にはスヌーカー台は数十台しかない。

遊べる場所

 ビリヤード場に行けばだいたいあります。
 仙霞路にもあります。
 *関連記事:上海KTVマップB 仙霞路/安龙路-水城路

並べ方

 球は上の写真のように並べます。店員さんが並べてくれました。

遊び方

 店員に聞いた+調べたところ、下記ルールのようです。

球が入ったら球ごとに異なる点数を加算する

 赤1、黄2、緑3、茶4、青5、桃6、黒7
 ファールは相手に1点加算する。

赤球が残っているうちは、まず赤球を狙い、その後他の球の順に狙う、この繰り返し

 赤球をポケットに入ったら他の球を狙う権利を得られる
 他の球はどれを入れてもOK
 赤球は入ったらそのまま
 他の球は赤球が残っている場合は元の位置に戻す
 例)赤、黄を入れたら、次は赤、

赤球がなくなったら、点数の低い球から落とす

 他の球もそのまま、戻さない

勝てないと判断した場合は途中棄権可

赤入れて、赤戻さないで、青入れて、青戻して、黒入れないで、赤入れて!
みたいな旗揚げゲームみたいな説明を中国語でされたのでかなり混乱しましたが、
中上級者向けのビリヤードで、知っていたら、中国美女にモテるかもですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>