小姐招へい/基本的なこと

中国の彼女を日本へ少し呼びたい方、



お待たせしました!

FYちゃん編で日本招へいに少し触れたせいか、よく問い合わせをいただきます。

よくネット上のQAサイト等で「中国の彼女を呼ぶのは困難」と見かけますが真っ赤な嘘です。

実際、2014年4月にDYXはFYちゃんを日本へ招へいしていますし、
念のため、上海領事館、外務省、入国管理事務局、中国大使館などに電話したら、普通に丁寧に教えていただけました。

DYXからすると、書類作成などで「手間」はありますが、
申請自体は「簡単」です。
やり方によってはデポジットも不要です。

では、中国美女を短期で日本へ招へいする方法に関して説明していきましょう。

まずはビザの種類から。

◆観光ビザ <申請者:中国の旅行会社>

この方法は、日本に保証人がいないため中国側でデポジットが必要です。デポジットの金額は省によって異なります。

彼女でもこの方法は可能です。デポジットは帰国後ちゃんと返って来ますからお金があればこの方法で問題ないです。

→お金がある方はこの方法にしましょう。旅行会社ですべてやってくれます。


◆短期ビザ(商用) <申請者:中国の会社>

この方法は、業務で行われるものです。日本と会社と中国の会社の取引証明さえあれば簡単に通ります。

この方法で彼女を呼ぶ場合、いろいろ手間です。
昼の仕事がないなら、まず中国の会社の就業証明をなんとかする必要があります。
昼の仕事の証明ができたとしても、日本と会社と中国の会社の取引証明も必要です。

なお、日本の会社が中国の個人を招へいすることは非常に難しいとのことです。by上海領事館
 
→こういう細工ができる方はしてもいいですが、面倒なのでオススメできません。
DYXはできなくなかったのですが面倒で周りに手間をかけるので止めました。


◆短期ビザ(親族・知人訪問 ) <申請者:本人>

結論から言えば、この方法が一番簡単に呼べます。

知人もしくは第三者が身元保証人になって、招へいする方法です。
会社の証明など自力で入手できない書類は不要で、デポジットも不要です。

→お金をなるべく掛けたくない方にオススメです。
 ま、この方法がこのページを読まれている方が知りたい方法でしょう。



では次回以降、親族・知人訪問の方法について説明していきましょう。


不定期につづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>